飛騨高山

流線美家具

飛騨高山の観光施設「匠館」のためにデザインされた、家具デザイナー岩倉榮利による、新しいデザイナーズ家具ブランド。

TAKUMI-KAN FURNITURE
タクミカンファニチャー

ブランド概要

「匠館」のために作られた

「飛騨高山の流線美家具」

かつて城下町として栄えた、昔ながらの風情や情緒が感じられる観光地「飛騨高山」。 「飛騨高山」の新しい観光名所「街の駅 匠館」のためにデザインされた家具が、「タクミカンファニチャー」です。
家具デザイナー

岩倉 榮利

「匠館」の空間デザイン、そして「タクミカンファニチャー」の家具デザインを手掛けたのは、日本のトップ家具デザイナー岩倉榮利。
五感を目覚めさせるモダンなデザイン
新しい飛騨高山
曲面曲線美加工
Previous
Next
単なる「和風」ではなく、今の時代にあって「和の精神」を感じられるもの=『和の空気』、 そして、「五感を目覚めさせるモダンなデザイン」をテーマに家具をデザインします。 歴史ある飛騨の匠の伝統を受け継ぎながらも、これまでの飛騨高山の家具のイメージとは異なる、「新しい飛騨高山」。 飛騨の匠の伝統的な技術である「曲面曲線美加工」と、 岩倉榮利氏の「美しいモダンデザイン」とが融合し、 「飛騨高山の流線美家具/タクミカンファニチャー」は誕生しました。
Restaurant / cafe quality

レストラン・カフェクオリティ

「タクミカンファニチャー」の家具はレストラン・カフェ用としてデザインされており、実際に「匠館」のレストラン、カフェで使われています。

空間を印象づける「デザイン」
汚れやシミに強い業務用特殊塗装
Previous
Next

最も大切なのは、空間を印象づける「デザイン」。
和とモダンを融合した「タクミカンファニチャー」のデザインは、どんな空間にも美しく馴染みます。

さらに、「耐久性に優れている」こともレストランやカフェでは必要です。

「タクミカンファニチャー」は飛騨の匠による高度な技術で、頑丈で簡単に壊れない耐久性を実現しています。

また、毎日使用するだけに、「汚れに強い」ことも重要です。

「タクミカンファニチャー」は無垢材の素材感を活かしながらも、汚れや傷に強い「業務用特殊塗装(ECパステル塗装)」を施しています。

TAKUMI-KAN CHAIR

一枚板に合うタクミカンチェア

「一枚板に合う椅子がなかなか見つからない・・・」とお悩みの方に、「タクミカンチェア」はオススメです。
迫力と存在感がある一枚板に椅子が負けてしまい、なかなか合う椅子が見つからないものですが、
ワイドでスケール感があり、躍動感あるデザインの「タクミカンチェア」は、迫力ある一枚板と良く合います。

実際に、飲食店の一枚板カウンターや、ご自宅で一枚板をお使いの方に「タクミカンチェア」は選ばれています。
一枚板の持つ、世界に一つしかない木目の魅力を活かすのに、スタイリッシュなデザインで、スケール感のある「タクミカンチェア」は最適のコーディネートアイテムとなります。

TAKUMI-KAN FURNITURE

CHAIR

ラグジュアリー&モダンチェア

Luxury & modern chair

ワイドな座面幅で座り心地抜群の「タクミカンチェア」。
アームレス、アームタイプ合わせ8種類のデザインから選べます。
座面から下のデザインが全て揃うので、ランダムにお好みのチェアを組み合わせてもOK!
材質や座面のカバーも選べるので、「選ぶ楽しさ」が感じられるチェアです。

タクミカンチェア TC-201

タクミカンチェア TC-201A

タクミカンチェア TC-202
タクミカンチェア TC-202A
タクミカンチェア TC-203
タクミカンチェア TC-203A

タクミカンチェア TC-204

タクミカンチェア TC-205A

TAKUMI-KAN FURNITURE

TABLE

曲面曲線加工の流線美テーブル

Streamlined beauty table
飛騨の匠の技を継承し続ける「曲面曲線加工」。 この唯一無二の加工技術に、岩倉榮利のシャープなデザインが加わり、丸みとシャープさを融合した「流線美テーブル」が誕生しました。 8種類のタクミカンチェアを合わせることで、モダンでエレガントなダイニングコーディネートが完成します。
タクミカンダイニングテーブル TT-206 4本脚/オーク・4色対応
タクミカンダイニングテーブル TT-206 2本脚/オーク・4色対応

デザイナー紹介

Designer introduction

家具デザイナー

岩倉 榮利

1948年福島県生まれ。
1968年郡山デザインセンターを経て、
1970年ICS College of Arts卒業。(株)島崎信デザイン事務所に入所。
1975年フリーランス・デザイナーとして独立後、
1985年岩倉榮利造形開発研究所を設立。「ROCKSTONE」ブランドを中心に、海外デザイナーや建築家シリーズなどのプロデュース活動を進める。
グッドデザイン賞、IFFTアワード金賞など受賞歴多数。
2015年デンマークにて「岩倉榮利 日本の伝統美とデザイン展」を開催。
2018年には活動50年の軌跡を辿る展覧会「岩倉榮利の世界~本能のデザイン~」を開催した。

タクミカンファニチャーはKANEKAプロデュースのデザイナーズブランドです。
Scroll to Top