WAZA

飛騨高山を変えた

ダイニング家具

「飛騨の匠」と称されるほどの高い木工技術が代々引き継がれている、飛騨高山。 今から20年ほど前、当時モダン家具デザイナーとして活躍していた、「デザイナー岩倉榮利」が、クールなモダン家具から一転し、温かみのある木の家具をデザインします。

Photo Gallery

ブランド概要

飛騨高山の街並みを

連想したデザイン

一人の熟練の木工職人と出会い、その「技」を次世代に継承していくプロジェクトから、「WAZA」は誕生しました。

当時は重厚感のある家具が主流であった、飛騨高山の家具。
モダン家具デザイナーである岩倉榮利は、その洗練されたデザインを取り入れ、飛騨高山の街並みに似合う家具をデザインします。

和の空間に似合う、縦格子や直線を活かした、美しいデザイン。日本の美を感じさせ、いつまでも色褪せない家具、「WAZA」。

飛騨高山の伝統ある木工技術と、革新的なデザインの融合が、この時から始まりました。

WAZA

CHAIR

和モダンを代表するチェア

Japanese modern
背中の格子と直線ラインのデザインが美しく、畳みの上にも合う「摺り足デザイン」が特徴の「WAZAチェア」。 座面は本革ブラックで張り、和デザインのチェアにモダンな雰囲気が加わります。

WAZA W531 サイドチェア/ウォールナット+オーク

WAZA W532 アームチェア/ウォールナット+オーク
WAZA

TABLE

和風建築の柱を連想させるテーブル

like Japanese style pillar
絵になるダイニング家具「WAZA」。存在感あるウォールナット材の天板に、重厚感あるオーク材の脚。 縦格子と直線ラインが印象的なチェアとセットすると、美しい和モダンのダイニングセットとなります。
WAZA ダイニングテーブル/天板ウォールナット+脚オーク

デザイナー紹介

Designer introduction

家具デザイナー

岩倉 榮利

1948年福島県生まれ。
1968年郡山デザインセンターを経て、
1970年ICS College of Arts卒業。(株)島崎信デザイン事務所に入所。
1975年フリーランス・デザイナーとして独立後、
1985年岩倉榮利造形開発研究所を設立。「ROCKSTONE」ブランドを中心に、海外デザイナーや建築家シリーズなどのプロデュース活動を進める。
グッドデザイン賞、IFFTアワード金賞など受賞歴多数。
2015年デンマークにて「岩倉榮利 日本の伝統美とデザイン展」を開催。
2018年には活動50年の軌跡を辿る展覧会「岩倉榮利の世界~本能のデザイン~」を開催した。

Scroll to Top